千葉の木づかいコンペティション2020 | JIA千葉
千葉の木づかいコンペティション2020




作品募集要項

●主催…公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部 千葉地域会(JIA千葉)
●共催…千葉県/千葉県森林組合連合会/一般社団法人 日本建築学会 関東支部 千葉支所/一般社団法人 日本建築構造技術者協会 関東甲信越支部 千葉地域会(JSCA千葉)
●後援…一般社団法人 千葉県建築士会/公益社団法人 千葉県建築士事務所協会/一般社団法人 千葉県木材振興協会
■事務局・問合せ先…〒260-0013 千葉市中央区中央4-8-5 建築会館5階 (公社)日本建築家協会関東甲信越支部 千葉地域会(担当:矢内)
TEL:043-225-7881・FAX:043-227-7867
E-mail:jia-chiba@chiba-kentikuka.jp

1.開催の主旨

千葉県の県土面積に森林が占める割合は30%と、全国平均の60.7%の約半分と少なく、また、森林所有者の所有面積が小さく、森林をとりまとめて計画的に森林整備を進める森林経営計画の策定が進んでいないため、林木育成のための間伐の実施や、森林の整備や木材の運び出しに使う林道の整備、製材など木材加工施設の整備などの環境整備が遅れた結果、林業を継続していく市場が育たず、木材生産は低迷しています。
また、令和元年房総半島台風では、かつてない強風により県内各地で倒木被害が発生し、被害を受けた森林の復旧が課題となっているところです。

一方、古くから「サンブスギ」に代表されるように、千葉県のスギは赤身の木目が美しく比較的耐候性のあることが知られているところです。

全国では、新国立競技場や選手村ビレッジプラザなど東京オリンピック・パラリンピック競技大会の施設において木材がふんだんに使用され、また、CLTを利用した木造ビルが建築されるなど、木材利用の機運が高まっているところであり、この機運の高まりを活かして、「千葉の木」を積極的に利用することにより、安定して生産可能な状態にしてゆくことが望まれています。
しかしながら、県産木材の生産体制はぜい弱であることから、木材を利用する側の理解が重要となります。
このため、「利用する側」である建築設計者が、県内林業の抱える問題を認識し、「生産する側」を巻き込んで活動を起こしてゆくことが必要なのです。

そこで、建築設計者が率先して県産木材の利用に取り組むことで、千葉県の森林整備の推進や里山環境の改善を推進するため、建築関係団体である日本建築家協会関東甲信越支部千葉地域会、日本建築学会関東支部千葉支所、日本建築構造技術者協会関東甲信越支部千葉地域会と、林業関係団体である千葉県森林組合連合会と、千葉県の5者の協働により、木材利用の機運醸成や建築利用の推進に取り組む『千葉の森林再生プロジェクト』を実施することとしました。

このプロジェクトでは、木材利用について考える機会を創出する「千葉県産木材利用促進事業」、倒木を建築材料として活用する「台風災害支援事業倒木処理促進事業」、そして中大規模の木造建築の設計に対応できる木構造の構造設計技術者を養成する「木構造設計技術者の養成事業」の3つの事業、5つの取組を計画しております。

『千葉の木づかいコンペティション2020』はこの取組の一つとして、県産木材の利用を促進し、千葉の森林の整備と里山環境の改善を図るため、建築作品やプロダクトだけでなく、林業のプロセス改善など「木材生産から利用まで」を考えるムーブメントを醸成する事業であり、木材利用から生産プロセスのアイデアに至るまで、県産木材の利用推進の「全て」に係わる提案・作品を募るコンペティションです。

2.開催スケジュール

●コンペティション募集期間…2020年12月01日(火)~2021年02月01日(月)
●コンペティション審査・表彰式…2021年02月19日(金)
●コンペティション作品展示…2021年03月09日(火)~19日(金)
【会場予定】審査・表彰:県庁本庁舎1階多目的ホール(予備会場:建築会館8階)
●作品展示:県庁本庁舎1階連絡通路
※コロナウイルス感染症の影響などで審査・表彰会場が変更となる場合があります

3.応募の部門

Ⅰ.実施作品部門

■応募の対象:千葉県で活動する建築の設計者・プロダクトの制作者 / 千葉県内にある建築物・プロダクトの設計者・制作者
■完成の年限:この度の応募では竣工年月日または完成年月日は審査対象としない
■評価の基準:県産木材(倒木を含む)を沢山または効果的に使用した作品・製品の提案
※県産木材の積極的な使用とデザインの質(効果)について評価

(I-1)建築作品の部…県産木材(倒木を含む)を構造材・仕上げ材に沢山または特に効果的に用いた建築作品・空間など
(I-2)プロダクト作品の部…県産木材(倒木を含む)を沢山または特に効果的に用いた家具・建具・木工製品・建材新商品など

Ⅱ.アイデア部門

評価の基準:県産木材(倒木を含む)の量的需要を産むアイデア・新規性のある利活用方法および房総のマテバシイ利用の提案

Ⅲ.プロセス・ソリューション部門

評価の基準:林業・組織・生産・流通・倒木の処理など木材生産プロセスの変革と問題解決を産むアイデア

4.審査・表彰および賞品

【表彰】上記の4部門(I-1・I-2・Ⅱ・Ⅲ)について
●最優秀賞:1点 / 優秀賞:2点(それぞれの部門ごとに選定)
※各部門の応募数が4作品以下の場合は最優秀賞のみとします

●県知事賞:1点(応募全体の中から倒木処理や利活用に関する優れた作品・提案を選定)
※県知事賞の選定は原則として最優秀賞・優秀賞との重複を妨げないものとします

【副賞】最優秀賞:賞金5万円 / 優秀賞:賞金1万円 / 県知事賞:図書券5千円
※ Ⅱ・Ⅲの部門の有効なアイデアには表彰の他に実用化のサポートができる場合があります

5.応募提出物

Ⅰ.実施作品部門について(Ⅰ-1)(Ⅰ-2)各部とも

(Ⅰ-1)建築作品の部
①指定の書式「作品シートA(A3ヨコ・2枚)」で提出
②県産木材であることがわかる書類・意見書など(ちばの木認証・生産者出荷証明・森林認証など)
※シートは、写真・図面・スケッチなどの2次元表現とし、実物の商品や建築模型は受付けない
(Ⅰ-2)プロダクト作品の部
①指定の書式「作品シートB(A3ヨコ・1枚)」で提出
②県産木材であることがわかる書類・意見書など(ちばの木認証・生産者出荷証明・森林認証など)

Ⅱ.アイデア部門について

①指定の書式「提案シートA(A3ヨコ・1枚)」で提出
※A4用紙1枚以内の補足資料可
※商品アイデアである場合は県産木材を利用する必然性・必要性がわかる説明を記入ください

Ⅲ.プロセス・ソリューション部門について

①指定の書式「提案シートB(A3コ・1枚)」で提出
※A4用紙1枚以内の補足資料可
※有効なアイデアには表彰の他に、実用化のサポートができる場合があります

【期待される応募対象者】

建築家・木材生産業者・材料メーカー・木製品製造業・家具什器製作者・林業従事者・森林所有者・学識経験者(林業系・建築系)・学生(林業系・建築系)・一般市民・森林行政

6.審査員

■建築家:
稗田 忠弘(さんむフォレスト代表・JIA千葉)
柳田 富士男(アーキテックパートナーズ代表・JIA千葉)
市原 嗣久(市原構造設計事務所代表・JSCA千葉)

■プロダクトデザイナー:
森宮 祐次(日本大学教授・(株)アカリネ クリエイティブディレクター)

■学識経験者:木材経済系大・林業系・木材活用系の大学など専門学識者
小島 聡(建築学専攻高校教諭・日本建築学会千葉)

■千葉県:
栗山 俊雄(森林課)

■林業従事者代表:
千葉県森林組合連合会

■審査コーディネーター:
森田 敬介(JIA千葉副代表・プロジェクトリーダー)

7.注意事項

応募提出物について

応募提出物は2021年2月1日(月)の15:00までに下記の事務局に必着としてください
応募提出物は指定の書式を下記の事務局宛てに郵送または持参に限ります(電子データは受付不可)

■事務局・問合せ先
〒260-0013 千葉市中央区中央4-8-5 建築会館5階(公社)日本建築家協会関東甲信越支部千葉地域会 (担当:矢内)
TEL:043-225-7881・FAX:043-227-7867
E-mail:jia-chiba@chiba-kentikuka.jp

応募作品の取り扱いについて

応募提出物は原則として返却いたしません
応募作品の破損や展示後の紛失については主催者は一切責任を持ちません
上記のことを了解頂いた上で、展示終了後に提出物の受取りを希望する応募者は、
展示作品の撤収時(2021年3月19日(金)15:00~)に県庁本庁舎1階連絡通路に来場下さい

審査について

応募提出物の記載内容に対してのみの審査を原則とします
審査では応募提出物の紙面以外の聴取りは予定にありませんが、Ⅱ・Ⅲ部門に限り応募者が審査会場にいらした場合、不明な点を伺う可能性があります

おねがい

表彰状および副賞の授与は審査当日行われますので、応募者はできるだけ審査会場にご来場下さい
応募提出物はパネル化せず「A3厚口程度」の紙質で折り曲げずにご送付ください
応募作品に必ず明記する項目(書式に記載をすべて埋めてください)
※下記1)を除き 共同提出作品の場合は代表者1名の情報を記載のこと
1)氏名・よみがな(共同提出作品は全員を記載)
2)現住所・郵便番号
3)必ず連絡のとれる電話番号および携帯電話番号
4)メールアドレス(jia-chiba@chiba-kentikuka.jpから発信されるメールが受信できるように設定のこと)
5)業務従事者の提案の場合 所属する会社名または学校名・役職を記載する

千葉県 建築学生賞

千葉県の建築

建築の相談

JIA千葉会員の作品

JIAブログ

JIA甲信越支部 建築相談室